自律神経を整えるにんにく

自律神経を整えるにんにく

にんにくには、自律神経を整える働きがあります。
さらに、神経をリラックスさせ、睡眠の質を改善します。

 

忙しい現代に生きるわたしたちは、
過労や、人間関係、睡眠不足などで、
ストレスを貯め込んでいます。

 

自律神経を整えるにんにく

 

先日、TVで自立神経回復センター「ココリズム」について
まず自分の心と頭と体のチェック方法が紹介されていましたので
メモしました。

 

 

〜満足度のチェック〜
1、自分の体に満足していますか?実年齢と
 比べていかがですか?

 

2、人間関係はうまくいってますか?職場、友人関係
 交友関係は長く広く継続できている?家庭内では?

 

 

3、健康度はいかかですか?気力、体力とも満足?
 病気や痛い所ない?慢性的な疲労感、肩こり、頭痛は?

 

 

4、思考は明るいですか?いつも周囲の人の心配や悩みを
 抱えていませんか?

 

 

1つでもこのままではイヤだなあ、と思えば、何か修正する
必要があるサインだそうです。

 

 

自分の心と頭、体は自分のものなので、どうにでも変える
事が出来ると言うことです。

 

 

〜自立神経回復センターでは・・・〜
自分の心と頭と体のクセに気付いて、修正して行くワークを
しているそうです。

 

自分を正しく知って、心も頭も体もぜ〜ぶ自分の身方だと
言う事が確信できれば、自分が大好きになれる・・・・・

 

と先生はココリズムの内容をお話しています。
悩みをお持ちの方は、参加されると良いではないでしょうか。

 

にんにくには、自律神経を整える働きがあります。
神経をリラックスさせ、睡眠の質を改善しますので手軽なサプリメント
で試していてはいかがでしょうか?

 

人気のにんにく卵黄はこちら!

自律神経を整えるにんにく関連ページ

にんにくで脳卒中、血栓予防の対策にも!
脳卒中の最大の危険因子は高血圧。にんにくは、毛細血管を広げ、血圧を抑止、高血圧を防ぐ効果があります。
にんにくで脳こうそくを予防する?
脳こうそくの予防にはコレステロール対策が重要と言えますが、にんにく卵黄については、服用量さえ守っていれば、コレステロールが上がるようなことはないと考えられています。
にんにくが心筋梗塞を予防する?
にんにくで肝臓を強化し、肝臓障害を防ごう
にんにくは肝臓の働きをよくし、総合的に肝臓を強くしてくれます。 ニンニク成分が胆汁の分泌・排泄、消化酵素の分泌を促進し、 体内の糖質や脂肪の消化・吸収を整えてくれるなど肝臓に働きかけます。
肥満防止対策に!
ニンニクを食べると脂肪が熱エネルギーに変わるようになり、エネルギーが高まり、肥満防止対策になります。
にんにくで健康になろう!
冷え性に有効なにんにくの用い方
糖尿病にはにんにくを
にんにくの成分、ビタミンB1とアリシンが結びついてできるアリチアミンは、 糖質の代謝作用を長く維持させる働きを持ち、血糖値を下げる働きがあり、糖尿病は、糖尿病の予防の食品として知られています。
疲労回復にはにんにくのアリチアミン
ニンニクダイエット
秋に疲れが出る「秋バテ」にはにんにく卵黄
秋になり最近、食欲がないな、体調が悪いな、疲れやすいかも...なんていう状態は、秋バテのサインかもしれません。にんにく卵黄で対策を!
隠れ冷え性、血行促進に「にんにくすっぽん卵黄」
夏バテや疲れにビタミンB1を!