秋に疲れが出る「秋バテ」にはにんにく卵黄

秋に疲れが出る「秋バテ」にはにんにく卵黄

暑い夏の間に、冷たい物をたくさん食べたり冷房などで暑さを緩和することで、冷えや疲れが慢性的になっている事があります。

 

夏の間はなんともなくても、秋口に入るころから、自律神経の働きが低下するなどで、胃腸が弱くなっている人も近年増えてきました。

 

本来ならば食欲が増えるこの秋の時期に、このように疲れが見えるのが「秋バテ」です
秋に疲れが出る「秋バテ」にはにんにく卵黄

 

最近、食欲がないな、体調が悪いな、疲れやすいかも...なんていう状態は、秋バテのサインかもしれません。

 

このように体がバテている時には、規則正しい生活が大切です。体の機能が弱りがちになっていますから、きちんと整えてあげることが大切です。

 

 

その中でも最も重要なのは食事。この食べるという事は人間の基本的なライフスタイルの一部です。また、食事で摂った栄養は、体のあちこちを動かすためのエネルギーになります。
その中でも一番のポイントは「朝食」
この朝食は、日中の活動を上手にスタートさせるものです。1日の始まりに、エネルギーをきちんと補給する事が重要なポイントなのです。

 

体が秋バテによって、胃腸が弱ってしまっている場合は、朝から食事をするのが面倒だと思う人もいるかもしれません。

 

そんな時には、コップ1杯で良いので温かい飲み物を飲みましょう。体を温めると、消化酵素の働きを高める効果があります。逆に冷たいものだと、刺激が強いので避けた方が良いでしょう。少しは食欲があるのであれば、おかゆやスープなどがピッタリです。

 

 

にんにく卵黄のサプリメントもおすすめですよ。疲れた体を元気にしてくれます。

 

また、カプサイシン入りにんにく卵黄は、血流をよくし体が温まり、冷え対策にも◎です。

 

人気にんにく卵黄ランキングはこちら

秋に疲れが出る「秋バテ」にはにんにく卵黄関連ページ

にんにくで脳卒中、血栓予防の対策にも!
脳卒中の最大の危険因子は高血圧。にんにくは、毛細血管を広げ、血圧を抑止、高血圧を防ぐ効果があります。
にんにくで脳こうそくを予防する?
脳こうそくの予防にはコレステロール対策が重要と言えますが、にんにく卵黄については、服用量さえ守っていれば、コレステロールが上がるようなことはないと考えられています。
にんにくが心筋梗塞を予防する?
にんにくで肝臓を強化し、肝臓障害を防ごう
にんにくは肝臓の働きをよくし、総合的に肝臓を強くしてくれます。 ニンニク成分が胆汁の分泌・排泄、消化酵素の分泌を促進し、 体内の糖質や脂肪の消化・吸収を整えてくれるなど肝臓に働きかけます。
肥満防止対策に!
ニンニクを食べると脂肪が熱エネルギーに変わるようになり、エネルギーが高まり、肥満防止対策になります。
にんにくで健康になろう!
冷え性に有効なにんにくの用い方
糖尿病にはにんにくを
にんにくの成分、ビタミンB1とアリシンが結びついてできるアリチアミンは、 糖質の代謝作用を長く維持させる働きを持ち、血糖値を下げる働きがあり、糖尿病は、糖尿病の予防の食品として知られています。
疲労回復にはにんにくのアリチアミン
ニンニクダイエット
自律神経を整えるにんにく
にんにくには、自律神経を整える働きがあります。 さらに、神経をリラックスさせ、睡眠の質を改善します。
隠れ冷え性、血行促進に「にんにくすっぽん卵黄」
夏バテや疲れにビタミンB1を!