にんにくの効果

にんにくで脳卒中、血栓予防の対策にも!

急激に発症した脳血管障害のことです。脳血管発作とも言います。ガンと心筋こうそくにならぶ、三大生活習慣病のうちの1つです。脳卒中の最大の危険因子は高血圧とされています。対策として高血圧だけに気をつければいいというわけでは決してありませんが、予防の一環として、にんにくで高血圧対策をするのは有効といえまし...

≫続きを読む

 

にんにくで脳こうそくを予防する?

脳こうそくは、脳の血管がつまる病です。その結果、脳内へと酸素が行き渡らなくなり、やがて脳細胞が壊死してしまいます。日本人の死因の第3位という恐ろしい病気です。脳こうそくの予防にはコレステロール対策が重要と言えますが、残念なことに、にんにくには悪玉コレステロール減少効果があるというのは誤りかもしれない...

≫続きを読む

 

にんにくが心筋梗塞を予防する?

心筋こうそくは、心臓に酸素・栄養を送る血管である冠動脈がつまって起きます。「虚血性心疾患」と呼ばれる病気のうちの1つです。心筋が壊死してしまうため、死に至ることも多い非常に危険な病です。血液がドロドロになって血栓などができるのが原因であるため、動脈硬化や高血圧を防ぎ、血液をサラサラにして血栓を作らせ...

≫続きを読む

 

にんにくで肝臓を強化し、肝臓障害を防ごう

にんにくは、肝臓障害の予防に有効な食物ということができます。にんにくは肝臓の働きをよくし、総合的に強くしてくれます。アリシンが胆汁の分泌・排泄、ならびに消化酵素の分泌を促進してくれるのです。さらに、体内の糖質や脂肪の消化・吸収を整えてくれる機能も持つため、アルコールを摂取した際の肝臓への脂肪の蓄積も...

≫続きを読む

 

肥満防止対策に!

にんにくを食べることは、肥満防止に繋がるという話があります。にんにくを食べると、ノルアドレナリンの分泌が高まります。そうすると、褐色脂肪細胞のミトコンドリアの中に、UCP(アンカップリング・プロテイン。脱共役たんぱく質)が増加するのです。すると、脂肪が熱エネルギーに変わるようになり、エネルギーが高ま...

≫続きを読む

 

にんにくで健康になろう!

にんにくの有効成分についてまとめます。数多くの成分がありますので、代表的なものを書いていきます。まず、アリシン。最近やウイルスなどに対する殺菌・抗菌作用を強く持ちます。血管を広げ、血流をよくしてくれる働きも持ちます。次にアリチアミン。アリシンとビタミンB1が結びついてできる成分です。ビタミンB1と同...

≫続きを読む

 

冷え性に有効なにんにくの用い方

にんにくは冷え性にも有効な食物です。含まれるアリシンやスコルジニンが体内の血管を広げ、血流を良くすることによって、手足や全身の冷え性を防いでくれるのです。動脈硬化の予防にもなります。しかも、交感神経を刺激することによってノルアドレナリンの分泌を促し、元気な体へと体質改善し、冷え性になりにくい体にして...

≫続きを読む

 

糖尿病にはにんにくを

アメリカにおいては、にんにくは糖尿病患者が一番たくさん摂る栄養補助食品です。なぜなら、ビタミンB1とアリシンが結びついてできるアリチアミンは、糖質の代謝作用を長く維持させる働きを持ち、血糖値を下げてくれるからです。アリチアミンはビタミンB1と同様の働きをするだけでなく、インシュリンの分泌を活性化させ...

≫続きを読む

 

疲労回復にはにんにくのアリチアミン

にんにくの疲労回復効果は、豊富に含まれるビタミンB1に由来します。ビタミンB群は身体がブドウ糖を代謝してエネルギーにするのに必要であり、中でもビタミンB1は代謝において重要な栄養素なのです。しかしながら、ビタミンB1は単体では吸収されづらい栄養素です。ですが、にんにくの疲労回復の効果が高いのには、ま...

≫続きを読む

 

ニンニクダイエット

にんにくには、血液に含まれる脂質を減少させる「硫化アリル」が含まれます。にんにくのダイエット効果はこの硫化アリルに由来します。すなわち、血液がドロドロになった状態を改めてサラサラにし、内臓脂肪の燃えやすい体質にするのです。ただし、にんにくのダイエット効果には落とし穴があります。なぜなら、にんにくに含...

≫続きを読む

 

自律神経を整えるにんにく

にんにくには、自律神経を整える働きがあります。さらに、神経をリラックスさせ、睡眠の質を改善します。忙しい現代に生きるわたしたちは、過労や、人間関係、睡眠不足などで、ストレスを貯め込んでいます。先日、TVで自立神経回復センター「ココリズム」についてまず自分の心と頭と体のチェック方法が紹介されていました...

≫続きを読む

 

秋に疲れが出る「秋バテ」にはにんにく卵黄

暑い夏の間に、冷たい物をたくさん食べたり冷房などで暑さを緩和することで、冷えや疲れが慢性的になっている事があります。夏の間はなんともなくても、秋口に入るころから、自律神経の働きが低下するなどで、胃腸が弱くなっている人も近年増えてきました。本来ならば食欲が増えるこの秋の時期に、このように疲れが見えるの...

≫続きを読む

 

隠れ冷え性、血行促進に「にんにくすっぽん卵黄」

夏でも冷え性・・・・当に私も冷え症です。足がいつでも冷たいです。靴下は履いています。でも、にんにくサプリのおかげで以前よりも悩まなくなりました。足の冷えない人は、羨ましく思います。でも足がいつでも温かい人は、足油に悩むようです。〜こんな症状があれば、あなたも隠れ冷え性の可能性??〜夏バテしやすい、免...

≫続きを読む

 

夏バテや疲れにビタミンB1を!

夏は、自分が自覚している以上に体が疲れていたり、だるかったりしますね。 〜夏バテの原因はビタミンB群の不足が原因〜夏は体に暑さがこもり、たくさん汗をかきますね。エネルギーを作り出す時に必要なビタミンB群が排出されてしまいます。そのせいで体がだるくなったり、眠くなったりします。夏のだるさや夏バテを防止...

≫続きを読む